本文へ移動
有限会社 一理
ダスキンフランチャイズ加盟店
ダスキン一理 
  
・ハウスクリーニング
『サービスマスター』
・家事代行サービス
『メリーメイド』
〒370-1214 
群馬県高崎市根小屋町1993-1
TEL.027-323-9001
FAX番号はお問い合わせ下さい。
 
・害虫駆除
『ターミニックス』
・庭木のお手入れ
『トータルグリーン』
〒370-1214
群馬県高崎市根小屋町1646
TEL.027-324-6464
FAX番号はお問い合わせ下さい。
0
6
2
9
8
1

役に立つ!エアコンの『豆知識』

2019年度 エアコン分析

2019年に当店で新規(リピート除く)にエアコンクリーニングを実施した台数は、合計287台。
スタンダードな壁掛けタイプが188台(65.5%)、お掃除機能付が99台(34.5%)でした。
 
スタンダードなエアコンでは、パナソニック製が最も多く78台、次いでダイキン製が20台、
以下三菱16台、富士通13台、シャープ12台、東芝10台、日立8台、その他31台。
 
お掃除機能付エアコンでも、パナソニック製が最も多く33台、次いでダイキン製が19台、
以下日立18台、シャープ10台、富士通7台、富士通7台、東芝5台。
 
年度別では、2010年製が最も多く39台、次いで2012年製36台、2012年製34台、
2014年製が24台、2015年製が22台と購入後の5~10年の期間にエアコンクリーニングを
依頼する方が多い結果となりました。

エアコンの修理について

最低保有期間

エアコンのメーカーごとに、エアコンが故障したときに修理するために必要な性能部品の最低保有期間が定められています。例えば、パナソニック・三菱は10年、シャープは9年。この補修用性能部品の最低保有期間が終了すると修理対応が出来なくなります。

エアコンの平均使用年数

消費動向調査によると

平均使用年数は13.6年という結果です。
13.6年の結果の66%以上が故障による買い替えであるという結果です。
 
なおメーカーごとに定めるエアコンの標準使用期間は10年です。
 

エアコンの消費電力 今と昔

消費電力の比較

●最新のエアコンと10年前、15年前のエアコンの消費電力を比較しました。
 
比較対象のエアコンはすべて、8畳向けのもので比較しています。
下記に記載した消費電力はカタログ記載値を参照しています。)
 
①15年前のエアコン 消費電力は約1080W

1時間あたりの電気代はおおよそ27円

②10年前のエアコン

消費電力は約755W

1時間あたりの電気代はおおよそ19円

③最新のエアコン

消費電力は約605W

1時間あたりの電気代はおおよそ15円

 

*冷房時より電力がかかる暖房時の消費電力で計算しています。


実際のエアコン運転時には室内温度や設定温度により運転の強さが異なるため、

消費電力も最大値から最小値の間で変化します。
1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算しています。

 

比較結果 

 

15年前のエアコンから最新のエアコンに買い換えた場合は約43%の省エネ効果

10年前のエアコンから最新のエアコンに買い換えた場合は約19%の省エネ効果となります。

 

気になる電気代は???

15年前のエアコンと現在のエアコンを比べると、1時間あたりの電気代を見ても約12円もの差があり

年間電気代を算出すると、おおよそ18,000円も節約できることに!

(1kWhあたりの電力量料金を25.91円で計算)
 

市販のエアコン洗浄スプレーについて

使用しない方が良い

ホームセンターなどで、販売されている「エアコン用洗浄スプレー」を使用する場合は注意が必要です。
必ず、エアコン本体のコンセントを抜き、電装部品にはスプレーをかけないようにします。
ショートや感電・動作不良の危険があります。
 
使い方を誤るとエアコンが故障したり、水漏れの発生の原因になる場合がありますので、十分注意する必要があります。
 
●スプレーでは十分な効果が見られない。
プロの観点からすると、使用しないほうが良いという結論に。
 
熱交換機のアルミフィン汚れている状態で、使用するとホコリなどが、外の配管(ドレンホース)に詰まってしまい、そのままの状態でエアコンを運転すると、室内に水漏れしてしまいます。
また、表面はキレイに見えても、奥に汚れが残っていると、ニオイの原因になります。
 
プロの高圧洗浄では、洗剤の量の2倍から3倍の水(またはぬるま湯)でリンスしますので、洗剤分や汚れがエアコンに残りません。スプレーではリンスができないので、エアコン内に汚れが残留してしまいます。使用する洗剤量と水の量が圧倒的に違います。
 
洗浄スプレーの成分によってはアルミフィンを腐食させてしまうものもあります。
ダスキンの専用洗浄剤は、アルミフィンを腐食させません。
 
安価なスプレーで大切なエアコンが故障したりしたら、大変です。
 
ぜひ、私たちダスキン一理の『エアコン高圧洗浄クリーニング』をオススメします。

夏のエアコンクリーニングピーク

冷房・暖房を使わない時期がオススメ

夏のエアコンクリーニングの需要は例年、増加傾向にあります。

5月の暑い日から徐々にご依頼を頂き、毎年、海の日の7/20前後の

梅雨明けの時期にはすでに、2~3週間お待ちいただく程のピークを迎えます。

 

お急ぎの依頼をいただいても、サービスが先までご予約で埋まっていてやむを得ず、お断りさせていただくケースもあります。

ダスキンに限らず他の業者さんも同じことが言えます。

(この時期に、空いている業者さんは何か問題があるかも???)

 

サービス時はエアコンの電源を落としてサービスしますので、お客様にも暑い思いをさせてしまいます。エアコンを使用しない5月~6月上旬がオススメです。冬に暖房として使用する方には、冷房を使用しなくなった10月頃が良いと思います。スケジュールにも余裕があるので、ぜひご検討ください。

 

とはいえ、実際に使い始めて、ニオイや汚れが気になり、クリーニングの必要性を感じるものですので、どうしてもピーク時にご依頼が集中してしまうのが現状です

 

一度エアコンクリーニングの経験があるお客様は早めのご依頼の傾向があります。サービス日程についてもお客様の希望の日程でサービスが可能になりますのでぜひ、今後の参考にしてください

TOPへ戻る